老人性難聴用補聴器

昨日テレビで老人性難聴の特徴について話していた。 年齢が上がるにしたがって、高音域から次第に聞こえなくなってゆくとのこと。 虫の音が聞こえなくなったのはそのせいらしい。 テレビの音を大きくしても、はっきり聴き取れなくなったのは、高音域が消えているせいなのだろう。 まだ普通の会話はできるのだから、高音域だけ増幅できる補聴器が見つか…
コメント:0

続きを読むread more

錯覚

朝、食事をしながら庭を眺めていたら、椿の根元の草むらに白い花が咲いていた。こんなところに白い花を植えた覚えはない。 不思議におもって、カメラを取り出して望遠レンズで見てみると、朝日の木漏れ日が射干の葉にあたって白く光っているのだった。 デイケアに行くため、車いすでガレージに出ると、玄関前ではキバナコスモスが名残の花を咲かせて…
コメント:0

続きを読むread more

2007年9月13日ストックホルム

2007年の今頃は、パートナーと一緒に北欧の旅をしていた。ストックホルムの王宮は港に面して建てられており、庭からの景色が素晴らしい。い。ノーベル賞の表彰が行われる広間に立つパートナー、残念ながら僕には無縁でした。 コロナ騒ぎで外国旅行はどこの国もほぼ休止状態。あの時に行っておいてよかったなあ。
コメント:0

続きを読むread more

虫の声

秋になるといつもうるさいくらいに聞こえた庭の虫の声。今年は聞こえない。近所の住宅かが急速に進んだので、虫が少なくなったのだろうと思っていたら、パートナーが「今朝は庭の虫の声がうるさいくらい」だという。でも僕には聞こえない。どうやら、虫がいなくなったのでななくて、僕の聴力が急速に劣化した為らしい。さみしい話だが、自分の老化を認めざるを得な…
コメント:0

続きを読むread more

2006年8月25日鳥羽

この日はパートナーと一緒に、鳥羽の水族館にいた。人魚と見間違ったといわれる真っ白なジュゴン。前半分だけで、うしろ半分がないように見えるマンボウ。 昨日は糖尿病の定期健診。次女に車いすで連れて行ってもらう。A1cの結果は前回が7.6、今回が7.1、この改善、ドクターは不思議がるが、僕の体は毎年夏になるとよくなるらしい。
コメント:0

続きを読むread more

2010年8月24日ボツワナ

ジンバブエから、陸路国境を越えてボツワナに入り、チョベ国立公園に行く。ここは野獣の保護区。公園に入るときには、野生動物に人間の病気がうつらないように、体全体を消毒してから入る。 個々の動物たちは人間を恐れない。昼間に水から出て草をはむ親子カバ。ジープが止まっているのに、子象を後にして先に行く母象。通常の野生動物…
コメント:0

続きを読むread more

2010年8月23日ザンベジ川

脳出血で倒れる前年、僕はパートナーと一緒にアフリカの中央部にいた。ボツアナとジンバブエの国境を流れるザンベジ川から夕日を眺めていた。 鰐のしっぽの肉の燻製がおいしかったなあ。残念ながら、カバはまだ食べたことがない。
コメント:0

続きを読むread more

2009年8月21日白ユリ

2009年にもこの白ユリは庭に咲いていたのだなあ。中国青海省アムドチベット人居住区から帰って、この白ユリが心和ませてくれた。 あれ以来毎年この白ユリは我が庭に咲く。今日は朝から猛暑、あの頃の日本はまだ涼しかったなあ。
コメント:0

続きを読むread more

2007年8月20日アイスランド

火口原の溶岩の上に生えた植物。 元気な日の思い出である。 こんな何気もない植物も、体が動けなくなると懐かしい。 コロナのおかげで、オンライントラベルというものができたらしい。どんなものだろうか。 車いすの僕にもゆけるなら、またアイスランドに行きたい。
コメント:0

続きを読むread more

熱帯の雨

連日、35度以上の猛暑が続く。日曜日の夕方には、雷と一緒に猛烈なスコールがやってきた。穏やかな日本の夕立ではない。 僕がアマゾンやフィリピンで出会った激しい風を伴う土砂降りである。今年の日本は、どうやら熱帯になったらしい。 地球温暖化はもうい止まらない。10年後の日本はどうなっているかな。 パートナーと二人で、冷房の効いた食堂…
コメント:0

続きを読むread more

訃報

僕よりも10歳若い従弟の利ちゃんが、脳梗塞で急逝した。何一つ悪いところのない健康で、ドラムをたたいたり合唱団に入ったりして、名古屋と東京をしばしば往復していた彼が死ぬとは思ってもいなかっただけに、ショックは大きい。でも考えてみれば、僕が脳出血で倒れた年齢にほぼ同じ。僕たちの母の系統の脳の寿命は75歳くらいらしい。 今年の梅雨は…
コメント:0

続きを読むread more

終戦記念日

「今年は終戦から75周年」と聞いて、ずいぶん長く生きたものだと思う。年を数えたら84歳。 終戦の日には、明日の食事さえわからぬ状態だったのに、今は恵まれた生活をしている。夢のようだ。 もう体の自由が利かないのて、旅に出られないのは残念だが、どうせ今はコロナでどこへも行けない。 2009年8月15日。僕は中国の青海省のチベット人…
コメント:0

続きを読むread more

酷暑

連日30度を超す暑さが続き、庭の草もしおれている。 でも元気なのは、乱れ咲いている黄花コスモス。黄色の一重や、橙色の八重が混じっている。今朝はその中に朝顔が一つ咲いていた。 日陰の塀際には、アジサイがまだ残っていた。フェンスに絡まったカラスウリには、昨夜咲いた花の残骸が見える。 酷暑でも花と緑のある庭。なんとな…
コメント:0

続きを読むread more

梅雨明け

8月1日。久しぶりに青空が見える。梅雨というのは6月末にあけるのが、僕の今までの感覚。今年の梅雨明けは、1か月遅れた。 梅雨というものはしとしと降るもの。今年のような大雨による水害は異常。 異常気象現象、日本だけではないらしい。シベリアでは永久等土が解けて、地面の陥没がそこここに起きているとか。 揚子江でも水があふれて、三峡ダ…
コメント:0

続きを読むread more

カラスウリの花

いつも秋になると、庭のどこかで赤い実をつけるカラスウリ。今年はいつの間にかガレージ脇の椿に絡みついた。 でも、このレースの飾りのついた白い花は、今までに見かけたことはなかった。 なぜだろう。その原因が今朝やっとわかった。 一昨日は雨が激しく、3時ころでも空が暗かった。ぼんやり庭を眺めていた僕は、偶然白い花を見つけた。 で…
コメント:0

続きを読むread more

金魚草

庭の片隅に、雑草に埋もれて咲く金魚草。昨年の秋に東京薬用植物園で買ったもの。冬にはいったん花が途絶えたが、また咲き始めた。
コメント:0

続きを読むread more

百合が咲いた

毎日が梅雨でうっとおしくて、足の関節や腰が痛い。でも梅雨の合間を縫って、パートナーに車椅子を出してもらい、庭のガレージに出る。 玄関を開けると、鬼百合の強烈な香りが漂う。2本百合に、10輪ほどの花がついて満開。外側の白い花びらに黄色の中心、赤いおしべのコントラストが素晴らしい。コロナの憂鬱を忘れさせてくれる。 玄関の…
コメント:0

続きを読むread more

谷間の水害

今度の大雨での水害は、九州だけかと思っていたら、故郷の岐阜県でも、飛騨川が下呂や高山付近で氾濫したという。 水害は中下流域だけかと思っていたのだが、こんな上流域で起きるのは、あまり聞いたことはない。 僕のよく知っている飛騨川は、木曽川の上流で深い谷間を流れる川、普通なら堤防なんかいらない。 水害や崖崩れがおきた場所は、川沿いに作ら…
コメント:0

続きを読むread more

アジサイとグラジオラス

パートナーが庭から切ってきて、食卓に飾ってくれた花。近くで見るとなかなか可愛い。 ダンスパーテーというこのアジサイ、庭にあると目立たないが、二重のがくが、男女が組んで踊っているようだ。 若い時にはよく踊ったなあ。今は車いすではリードができない。 このアジサイはお多福。がくの形がふっくらと丸く可愛い。 毎年咲くグラジオ…
コメント:0

続きを読むread more

キバナコスモス

食堂の前で、黄花コスモスが咲き始めた。このコスモスは丈夫で、毎年夏と秋に2度咲く。 去年の秋に咲いた花の種が落ちて、庭の各地から新芽が出てきた。 庭を歩き回れない僕のために、パートナーが食堂の前に移植してくれたもの。 秋まで当分、花を楽しめる。
コメント:0

続きを読むread more

アジサイの色模様

アジサイは日ごとに色が変わる。その変化が面白い。 上の2枚は、一昨年パートナーが友人宅から貰った一枝を、ガレージわきに挿したもの。大株担って、大輪の花をつけた。 お多福という名らしい。浴衣姿を思い浮かべる。 次の二枚も、その時のものだが、別の種類のガクアジサイ。ここちらは着物姿に粋な女性。 お多福と隣り合って…
コメント:0

続きを読むread more

根尾谷の思い出

玄関前のアジサイが、今年も色付き始めた。 もう10年以上前、田舎の小学校の幼友達の女性二人と一緒に、根尾谷に濃尾大地震でできた断層を見に行った。 その時、付近のお百姓さんが、まだ色鮮やかなアジサイの花を切り落としていた。 そうすると翌年もきれいな花が咲くという。花卉栽培農家なのだろう。もう満開の花は出荷できない…
コメント:0

続きを読むread more

電子証明書の更新(マイナンバーカード)

おかしな手紙が届いた。 差出人の名前ははっきりしないが、内容を見ると、小平市に業務委託された地方公共団体情報システム機構というお役人の天下り団体らしい。 マイナンバーカードの電子証明書の更新通知だという。 マイナンバーカードは持っているが、電子証明書なるものは申請した記憶も、使ったこともない。 更新手続きの用紙には3種類もの暗証…
コメント:0

続きを読むread more