テーマ:まごころクラブ

M44)明治の博覧会

 まごころクラブから、恒例のガスミュージアムの『明治の博覧会』展に出かけた。博覧会の様子を画いた明治の浮世絵は、特に注目するほどのものはなかったが、会場の入口に置いてあった資料には、内国勧業博覧会の歴史が述べられていた。以下はその抜粋。  明治4年(1872年)の湯島聖堂博覧会は、翌年ウィーンで開催される万国博への出展の準備を兼ね…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M43)多摩図書館(西国分寺)

 デイサービスまごころクラブから、2年前に立川から西国分寺に移ってきた多摩図書館へ、東京都150年資料展を見に出かけた。展示そのものは特に目新しいものはなかったが、途中の景色は、この20年で様変わり。探したら、図書館以外にも何か面白いものがあるかもしれない。  図書館への途中、電波研究所の前を通った。長男が子供の頃、蝉やクワガタを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M41)睡足軒の森(平林寺前)

 11月28日。デイサービス・まごころクラブの恒例の外出で、新座市にある睡足軒に連れて行ってもらった。ここを訪れるのは、2010年12月以来8年ぶり。脳出血で倒れた2011年6月以前は、ママチャリでこのあたりも良く散歩していたので、懐かしい。平林寺に連接する3000坪ほどの森の中にあるこの睡足軒は、電力の鬼と呼ばれた松永安左衛門氏の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

座位安定型車椅子

デイサービス・まごころクラブからの帰りの車で、半日コースの人たちと一緒になった。通常は、一日コースの人よりも、半日コースの人のほうが元気で、車椅子の人は少ない。僕は右半身麻痺で、座位をきちんと保つのが苦痛なので、送迎車では足を前に投げ出せる、車椅子席の隣の1人席に、いつも坐っている。その車椅子席に半日コースの方が乗り込んでこられた。で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M40)神代植物園

 デイサービス・まごころクラブから神代植物園に出かけた。新小金井街道から東八道路に出て、武蔵境道へ曲がるとすぐそば。道も広く、すいていて気持ちの良いドライブ。植物園に着くと、トラベルメイトの方が出迎えて下さった。トラベルメイトとは、クラブツーリズム独特のシステムで、一緒に旅を楽しむボランティア会員。早速車椅子を押していただく。緑の中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミニ・コンサート

 デイサービス・まごころクラブに、近所のボランティアグループが訪問、ピアノ三重奏によるアフタヌーンコンサートを開いてくれた。1時間ほどのクラシック音楽会なのだが、デイサービスの老人向きに、親しみ易い曲が選ばれており、音楽会で居眠りをしてしまう僕でも、久しぶりに楽しい時間を過ごすことが出来た。  このボランティアグループ「トリオ向日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M39) 東大和市郷土博物館

 デイサービス・まごころクラブ恒例の外出は、東大和市の郷土j博物館。10年程前に自転車散歩で前を通りかかり、入ってみようと思ったが、休日で見られなかったところ。まごころクラブの外出先として、僕が希望を出したら、実現した。  10年前の博物館は、森の中にポツンと建っていたが、現在は住宅地の中、田舎道は綺麗に舗装されて、様変わり。このあた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M38) デイサービスの外出先(新東京百景から探す)

 まごころクラブから、今度は何処へ連れて行って貰おうかと、地図と新東京名所百景のリストを眺めてみた。クラブのある小平市から、半日のドライブで往復できる範囲は、隣接する8市、(小金井市、西東京市、東久留米市、東村山市、東大和市、武蔵村山市、国分寺市、立川市、)とさらに、それに外接する、多摩川以北の10市(府中市、調布市、三鷹市、武蔵野市、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M37)西東京・憩いの森公園

 デイサービス・まごころクラブから西東京(田無)にある、憩いの森公園に連れて行ってもらった。この公園には、20種類程の桜が植えられ、1月から4月までと花が楽しめるという。我々が出かけた時には、河津桜やソメイヨシノはもう終っていたが、枝垂桜や八重桜が満開。新緑も加わって素晴らしい景観を呈していた。(写真) 公園内の通路は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M35)平櫛田中館と車椅子

 まごころクラブの月例の外出は、2月は小金井公園の梅祭りとロウバイだったが、3月は平櫛田中館へでかけた。ここは2016年9月26日のブログで書いたように、僕のお気に入りの場所だが、倒れてからもう6年以上も訪れていない。久しぶりの田中館は、何も変わってないように見えるが、庭に並べてあった彫刻材料の木材がかたつけられ、よく手入れされた庭には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林清親展 (ガス・ミュージアム)

 ガス・ミュージアムは、新青梅街道と新小金井街道の交差点を挟んで、デイサービス・まごころクラブから対角線上にある。近くにあるおかげで、展示物が3ヶ月ごとに変わるたびに、まごころクラブから連れて行ってもらえる。僕がこのデイサービスに来るようになったのは、健康の時に良く訪れていたこのガス・ミュージアムが懐かしかったからである。  昨年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

節分の豆と湯豆腐

 デイサービス・まごころクラブでは、節分に因んで、炒り豆の小袋を配ってくれた。京都南禅寺の門前にある茶屋料理店「順正」が、クラブツーリズムに贈ってきた物の「おすそ分け」らしい。ウィスキーのつまみに頂いたが、ほんのりとした甘味があり、なかなか美味しい。包装紙の説明によると、豆は北海道産の「トヨマサリ」、湯豆腐製造用の品種の由。いり豆加工は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M34)初詣

 孫達は大晦日の晩に、近所のお稲荷さんと、村の氏神の氷川神社に初詣に出かけて、ミカンを貰って帰ってきた。足元の危ない僕は、何時ものように早く寝た。僕の初詣は6日の東村山の八坂神社と、11日の東久留米の米津寺と言う布袋さんのお寺と、多聞寺と言う十一面観音と毘沙門天のお寺。デイサービスから連れていってもらった。もちろん車椅子。  東久…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

車椅子の外出 (2017年の回顧)

 2017年の大晦日がもうじきやってくる。僕は2011年6月に脳出血に倒れた、右半身麻痺の身体障害者。5分と立っていられない身体では、外出も難しいし、まして旅に出ることなど、思いもよらなかった。でも今年は、傘寿を盛大に祝ってもらったし、岐阜への墓参旅行も実現した。病院のベッドで聞いた孫娘の希望、「十三参りは京都で舞妓姿に」というのも、去…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M33)遠藤彰子の展覧会

 昨日はデイ・サービス・まごころクラブから、多摩美術大学の12号館地下1階で行われている遠藤彰子氏の作品展 「COSMIC SOUL(宇宙の魂)」 を見に連れて行ってもらった。この作品展は期待以上の素晴らしいもの。500号から1000号といった桁外れに大きな作品が、20以上も並び、見るものを圧倒する。その大作の一つ一つに、彼女の宇宙のイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M32)車椅子の自走

 僕が通っているデイサービスまごころクラブには、クラブ活動として、月に1-2会の外出のチャンスお作ってくれる。12月は2日のブログに書いた紅葉ドライブの狭山公園、そして今回のガスミュージアム。  ガスミュージアムは、健康な時から自転車でよく通っていたところ。明治の浮世絵のコレクションが豊富で、登録しておくと、3ヵ月毎の展示替えの案…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M31)都立狭山公園

 11月29日は久しぶりの好天気。デイサービス・まごころクラブの送迎車で、西武遊園地駅前にある、都立狭山公園に連れていってもらった。去年と同じ村山貯水池の紅葉ドライブだが、去年より10日ほど遅いせいか、紅葉はピークを過ぎた感じ。でも、日頃家の中に籠もっている老人にとっては、気が晴れる。村山貯水池は、去年の11月20日に、このブログに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M30) 江戸東京建物園

 デイサービスまごころクラブから、小金井公園にある江戸東京建物園にいった。ここは、元気な頃には自転車で、毎週と言っても良いくらい、朝晩の散歩に通っていた公園。隅から隅まで熟知している。今日のメンバーは、僕を含め車椅子の80歳代男性3人と、まだ歩ける女性と車椅子の女性の総計5人。それにドライバーの男性と介護士の女性3人。ドライバーは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M29) ガス灯展(ガスミュージアム)

 デイサービス・まごころクラブから、近所のガスミュージアムに出かけた。歩ければ、直線で200メートルくらいなのに、僕は、デイサービスから車椅子に乗り込み、朝晩の送迎車に積み込んでもらう。他の仲間は、座席に坐ったが、ミュージアムで車椅子を借りて見学。杖だけで頑張った仲間もいたが、帰る頃にはお疲れのようす。足腰の弱った人が展覧会を見るには、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M28) 明治薬科大学資料館

 デイサービス・まごころクラブから、恒例の武蔵野散歩に連れて行ってもらった。車椅子の4人の参加者に、ドライバーと2人の介護スタッフ。デイサービスの送迎車で、新小金井街道を北上、秋津に抜ける道に入り、まだ空き地が残る田舎町を抜け、空堀川を見ながら進むと豊かな緑が見えてきた。明治薬科大学のキャンパスはその緑の中にあった。  資料…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅行会社と老人ビジネス

 2011年に脳出血で倒れて以来、旅行には出ていないが、旅行会社・クラブツーリズムからは、無料雑誌「旅の友」を毎月送ってくる。その「旅の友」のご縁で、僕はデイ・サービス「まごころクラブ小平」に通っている。このデイ・サービスは、クラブツーリズムがオープンした7店目の老人介護施設。昔の旅行のお得意さんが、新規参入の老人ビジネスの利用者になっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トレニア

 80歳の誕生日に、デイサービスで貰った鉢植えの小さな苗が、庭に移したら、40日ほどで、こんな大きな株になった。別名夏スミレと呼ばれるトレニアは、秋まで咲き続けるという。丈夫な草花らしい。秋にはどんな大きな株になっているかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M27)東京農工大学科学博物館

 デイサービスから、東京農工大の小金井キャンパスにある、科学博物館に連れて行ってもらった。この博物館は、繊維博物館が建て直されて、平成24年10月にオープンし、無料で一般公開されているもの。これは、僕が脳出血で倒れた以降の事なので、僕にとっては初めての訪問。まごころクラブから新小金井街道を通って、中央線の南に出て、中央線に平行な道を博物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M26)南極北極科学館

 デイ・サービスから、立川にある国立極地研究所の南極・北極科学館に連れて行って貰った。この科学館は、立川飛行場跡の広域防災基地の中に出来た施設で、僕が元気で自転車散歩をしていた頃には、このあたりまだ空地だった。7年ぶりの景色は様変わり。緑の中にビルが立ち並び、まるでワシントンの町並みのよう。東京とは一線を画す街づくりである。筑波学園都市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M25)所沢航空発祥記念館

 デイサービス・まごころクラブから、所沢航空発祥記念館に連れて行ってもらった。何時もの送迎用の車で、此処まで30分くらいで行ける。所沢がこんなに近くで、こんな大きな都会だとは、今まで知らなかった。小平の我が家の近所は、東京都といっても田舎町。久しぶりに都会の空気を吸った気がした。   もちろん航空発祥記念館も始めての訪問。この記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

80才の誕生日

 満80歳の誕生日を迎えたので、今日はデイサービスで、誕生祝をしてもらった。この歳になると、「誕生日、冥土の道の、一里塚、めでたくもあり、めでたくもなし」である。昔は正月がくるたびに年をとっていたので、一休宗純の歌の歌は、誕生日ではなく、「門松や」であるが、気持ちは同じである。  ふと、「生物学的文明論」(本川達雄著、新潮新書、2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M24) 北山公園の花菖蒲

 デイ・サービス「まごころクラブ」から、東村山の北山公園に「花菖蒲」を見に連れて行ってもらった。北山公園は、村山貯水池から流れ出る北川と、八国山緑地に囲まれた窪地で、花菖蒲の生育にはもってこいの土地。10年ほど前に行った時には、公園の周りは畑や田圃ばかりだったのに、今はすっかり住宅が建て混んでしまった。それにしても、見物に来ているのが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M23)JRA競馬博物館

 昨日はデイサービスから、府中の競馬場の中にある、JRA競馬博物館に連れて行ってもらった。競馬場は近くにあるのだが、僕は競馬には興味が無いので、この年になるまで、競馬場に行ったこともなければ、知識もない。でも、折角の外出なので出かける事にした。  競馬場の東北のコーナーに、2階建ての立派な博物館が建っていた。その前の庭にはフレキシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良いとこ取り

 去年の10月から、週3日通っていたデイケアを、週2日に減らして、新しく出来たデイサービスに、週1日通い始めた。  デイケアは一日20分の理学療養士による個人リハビリがあるが、デイサービスにはない。その代わり、デイサービスは旅行会社の経営する施設なので、月に1-2回は外に連れ出してくれる。午後の2時間程度のことだが、外に出ると気分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

デイ・サービスの旅行(足利フラワーパーク)

 デイ・サービスと聞くと、「障害老人の収容所か、一時預かり所」というイメージが強いが、僕の通っているデイ・サービス・まごころクラブ小平は、旅行会社クラブツーリズムの子会社だけあって、そんな障害老人にも旅の機会を提供しようと、春と秋に日帰りバス旅行を計画してくれる。もちろん介護保険の適用外なので、旅行費用は一般のバス旅行の倍以上。でも、車…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more