人生たそがれ

インフルエンザの流行で、従業員のお休みが多く、今日のデイサービスは、学級閉鎖ならぬ、全員お休み。朝から雨がシトシト降っているので、麻痺している右半身がなんとなく痛む。風邪の兆候はないのに、何もやる気が出ない。朝からボーっと庭を見つめていたら、パートナーに「たそがれてるね」と声をかけられた。

80を過ぎた頃から「たそがれる」時間が増えてきたように思う。何も考えないで何時の間にかウトウトしている。これって、結構幸せの時間。悪くはない。目が覚めたら、昔集めた画集を取り出してながめる。これも幸せの時間。

今日もこうして時間が過ぎてゆく。年寄りの時間は、一日の時間は長いが、一年の時間は短い。人の一生も、一年は長いが、過ぎてみれば一生は短い。

庭では椿が咲き始めた。今年はいつもより1月早い気がする。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック