カリンの花(孫娘の入学式)

画像
 昨日は息子夫妻が、孫娘を連れてやってきた。高校の入学式の帰りだという。春日部の田舎の公立中学から、東京駒場の国立高校に、通うことになったのが嬉しいらしい。自転車から、ラッシュアワーの電車を何度か乗りついで、更に坂道を歩く通学には、往復3時間もかかるとか。朝寝坊の孫娘には、大変だろうと思うけど、一大決心をしたらしい。頑張れるかな?

 将来は医者になりたいので、生物と化学を選択するのだという。でもこれからの医学は、医療機器の発達で、物理の基礎も必要だと思うけどなあ。年とった医者は、結構器械音痴が多いから、僕みたいな患者は心配なんだけどなあ。30年前の医師免許が通用する日本って、何かがおかしい。簡単な自動車の運転だって、免許更新がある。医者って、自動車運転よりは難しいと思うけどなあ。

 小川洋子さんの『博士の愛した公式』を読んでいた。もう早速、読後感想文の宿題を出されたらしい。どんな感想を書くのだろう。認知症寸前の障害老人の僕にはに興味がある。このお話は、認知症寸前のまだらボケの博士と、ヘルパーさんとその子供のお話。博士の愛したオイラーの公式のすごさについては、まだ高校生の彼女には理解できないと思うけど、そんなすごい博士でも、ボケは避けられない。そういえば、孫娘のもう一人の(母方の)おじいちゃんは、もうボケてしまって、娘や孫を認識できないらしい。

 今朝、2階の窓から庭のカリンの木を眺めたら、新緑に混じって、小さなピンクの花が咲いていた。この花 、秋には、良い香りが漂う、大きな黄色い実をつける。今年は当たり年のはず。美味しいカリン酒ができるかな。孫娘が大学卒業の頃に飲み頃になるかな。その頃には、僕はもういない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック