アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「健康診断の基準値」のブログ記事

みんなの「健康診断の基準値」ブログ

タイトル 日 時
書評:高血圧はほっとくのが一番
 本屋で、我が意を得た本を見つけた。講談社のプラスアルファ新書で、松本光正氏の「高血圧はほっとくのが一番」(2014.4)である。高血圧については、このブログの「風紋・老いを生きる」で何度か書いてきたが、所詮少数意見、医者ではない僕の意見や疑問は、患者の戯言程度にしか受け取られない。でも、この本の著者は、現場の臨床医として経験豊かなドクター。その彼が、僕と同じ疑問を持ち、「高血圧はほっとくのが一番」という結論に至ったことは心強い。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/06/04 13:24
第7章-6)コレステロールが低いのも問題(僕の脳出血)
 肥りすぎて、コレステロール値が高くなりすぎると、「メタボリック・シンドローム(=内臓脂肪症候群)」になる。内臓に脂肪が付いて、動脈硬化を進行させ、心筋梗塞や脳梗塞、糖尿病や歯周病などの、生活習慣病を引き起こす原因になるという。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/18 10:42
第7章-5) 「悪玉」コレステロールは偏った命名(LDLは身体に不可欠)
 これほど一方的な情報が、世間で信じられているのは珍しい。誰かが情報操作をしているのではないかと疑いたくなる。コレステロールは悪玉で、少なければ少ないほうが良いと思っている人や、少し基準値をオーバーしても大騒ぎをして、市販薬を飲む人まで居る。全くのナンセンスである。この偏った信仰?は、アメリカで、血中コレステロールと心臓冠動脈疾患の死亡率との間に相関が見られたことが発端らしい。しかし人間が死ぬのは心臓病だけではない。最近の知見では、癌は、心臓病と全く反対の傾向で、コレステロールが多ければ多いほど... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/17 08:48
第7章-4) ポッチャリは長生き、スリムは短命(厚生省の研究成果)
 BMI肥満度と余命については、厚生省や東北大学の研究グループの報告がある。二つの報告を総合すると、40歳の平均余命は下の表のように、一番長生きのグループは「太り気味」で、一番短命なのが「痩せすぎ」である。     1. 太り気味  BMI=25−30、   男性40‐42年、 女性47−48年、     2. 普通     BMI=18.5-25、  男性39‐40年、 女性46-48年、     3. 肥満     BMI=30以上、   男性38‐40年、 女性45‐46年    ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/16 07:38
第7章-3)人間ドックの新基準 (業界の圧力に潰された)
 ネットを通じて、日本人間ドック学会と健康保険組合連合会の共同研究レポートを入手した。平成26年4月4日に報道機関に公表され、その後厚生省や医薬品業界からクレームがついて、うやむやになった報告書である。 読んでみると、この報告書(http://www.ningen-dock.jp)は、立派な研究報告であり、日本の過剰医療に対する警告書でもある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/15 07:37
第7章-2)誤解される検査値(高血圧は本当に病気なのか?)
第7章-2)誤解される検査値(高血圧は本当に病気なのか?)  単純な疑問である。高血圧でも健康な人は沢山いる。でも、140以上の高血圧だと、医者は血圧降下剤を飲むことを勧める。将来の病気の予防だとの説明はあるが、140以上の人の何パーセントが、本当の病気になるのだろうか。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2015/10/14 08:44
第7章-1)健康検診の基準値がおかしい (コレステロールとHbA1c)
 無料定期健康診断の案内が市役所から来た。開封しないで、長い間、机の上にあったが、今朝開いてみた。その中に、市の健康診断の結果報告があった。この報告書、何かが変だ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2015/10/13 07:31
第1章 4) 動脈硬化の検査値 (CAVIとABI)
第1章 4) 動脈硬化の検査値 (CAVIとABI)  足が痛んだ時の検査データを、今になって読み返してみると、CAVIで調べた動脈硬化の度合いは10.5で、70代後半の平均値。そのときの僕の実年齢73歳より、5年ほど早く動脈硬化は進んでいた。しかし、ABIで見る血の流れ具合は1.08で、正常範囲の0.9‐1.3以内。治療を必要とする数値ではない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2014/10/16 11:26

トップへ | みんなの「健康診断の基準値」ブログ

風三郎 日舞を習う/リハビリ日記 健康診断の基準値のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる