風三郎 日舞を習う/リハビリ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS マザコン(高畠華宵の絵)

<<   作成日時 : 2017/05/28 11:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 高畠華宵と言っても、知らない人が多いかもしれない。手元にある日本の童画6『高畠華宵、蕗谷虹児、中原淳一』(第一法規出版1981)と別冊太陽『高畠華宵』(平凡社、1987)によると、華宵のデビューは中将湯のポスター。僕の子供の頃には、田舎でも良く見かけた看板広告なので、昭和初期を知る人には懐かしいかもしれない。でも、僕が懐かしく感ずるのは、少年倶楽部や少女の友に発表された挿絵。終戦直後の田舎の貸し本屋には、5-10年前の古雑誌が置いてあった。そこで見た華宵の挿絵は、子供心に強い印象で残っていた。

 長女が小学校の高学年の時、本屋で日本の童画を見つけて、懐かしくなり買ってきて亡妻と一緒に眺めた。ここに引用した絵は、亡妻の若い頃に何処かにていた。僕がそれを言うと、長女が「似ていないよ」と反論。でも亡妻は『パパが似ていると言うから、それで良いのよ』と答えていた。

画像
 先日のブログで、50年前のゴールデンウィークを書いた時、岐阜の長良川ホテルの庭で撮った、50年前の婚約旅行の時の亡妻の写真を改めて眺めた。確かに長女の言うようにそんなに似ていない。でも、僕には俯き加減のポーズが、ヤッパリ似ているように思える。若くして死んだ僕の母親にも何処か似ているし、現在のパートナーにも似ている。この絵の美人は僕の理想の人らしい。僕はマザコンなのかな。80歳を前にしてそう思った。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
マザコン(高畠華宵の絵) 風三郎 日舞を習う/リハビリ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる