風三郎 日舞を習う/リハビリ日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 50年前のゴールデン・ウィーク

<<   作成日時 : 2017/05/07 18:01   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
 子供達が傘寿の祝いを計画してくれるとのことなので、昔のアルバムを取り出してみた。アルバムは昭和42(1967)年5月4-6日とあるから、今から丁度50年前。前の年のクリスマスダンスパーテーで知り合い、3度目のデートでプロポーズ、まだ早いと反対する彼女の父親を、既成事実で説得。晴れて婚約し、ゴールデンウィークには、僕のふるさとへの婚約旅行に出かけた。

 この時は、畑の中に出来たばかりの新横浜駅から、新幹線と名鉄を乗り継いで、岐阜の田舎にあるお墓に直行、あの世の両親に婚約を報告した後、長良川ホテルに宿泊。翌日は、長良川と金華山の間にある伯父のアトリエと、その庭先にある妹の新居を訪問。写真は、そのとき庭先で撮ったもの。妹夫妻と生まれて間もないその長女。戦争で両親を亡くした我々兄妹をかわいがってくれた、日本画家の伯父夫妻、それにたまたま遊びに来ていた従姉の娘。僕の50年前の青春を飾った人々である。懐かしい。

 このブログを打っていたら、「お宅に独身の方はいらっしゃいますか」という電話がかかってきた。「僕は独り暮らしですけど80歳です」と答えたら、相手も笑って電話を切った。結婚にはタイミングと言うものがある。僕の若い頃は、女はクリスマスセール、男は年末大売出しと言う言葉があった。そのタイミングを逃したら、売れ残りのたたき売りである。僕は29歳で大売出し中だったが、彼女はまだ19歳の短大生。卒業=結婚までは、子供を作らないという約束だった。

 結婚してコントロールを外したら、すぐに子供が出来たので、僕が60歳の定年の頃には、3人の子供達の教育は一応終っていた。おかげで定年後の自由な青春を楽しむことが出来たが、最近の晩婚化したカップルは、子供の教育をどうするつもりなのだろう。晩婚のカップルでは、子供が欲しくても、なかなか出来ないと言う悩みが増えているらしい。また晩婚のカップルでは、ダウン症の子供が生まれる確率が高くなるという報告もある。

 それにしても、最近は晩婚化で、何かが狂ってきたような気がする。女性が子供を産むのは、体力的に20歳代が望ましいし、30過ぎの男が、自分で相手も探せず、性犯罪に走ると言うのも、何かがおかしい。教育ママに育てられた男達は、去勢されたのだろうか。このままだと、いずれ日本から日本人が消えて行く。2000年前のように、また大陸からの移民を増やすのかな。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
50年前のゴールデン・ウィーク 風三郎 日舞を習う/リハビリ日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる